グラフの分析

商品とタレント・キャラクターの相性を可視化・分析

ソーシャルリスニングにより、商品とキャストやIPとの親和性を可視化・分析し、キャスティングをご支援致します

 

新型コロナウイルスの拡大により、YoutubeやInstagramなどのソーシャルメディアの利用が増加しています。それに伴い、Youtuberやインスタグラマーなどのインフルエンサーと呼ばれる今までで見られなかったタレントを広告やキャンペーン、イベントなどにキャスティングする企業が増えています(下図参照)。

s4-1.jpg

出典:サイバー・バズ/デジタルインファクト調べ

キャスティングには従来、調査会社によるタレントイメージ調査をもとにタレントを起用するのが一般的でした。しかしながらメディアの多様化や消費者ニーズの多様化によりタレントのすそ野が広がり、それらの調査ではカバーが難しくなってきています。また従来の調査方法では、リーチの大きさは示せるものの、起用するタレントの持つファン層と商品のターゲット層がマッチしているかを示すことは困難でした。

ソーシャルリスニングにより商品とキャストやIPとの親和性を可視化・分析するソリューション
「Affinity Analytics」

当社の「Affinity Analytics」では、独自の自然言語処理技術(NLP)を用いたSNSでのソーシャルリスニングにより、短時間・低コスト商品とタレントとの親和性を可視化・分析し、キャスティングの妥当性を定量的にレポーティングいたします。本サービスはIP・タレントのみならず、IPの起用やライブ会場の選定などにも活用可能です。

Affinity Analyticsの3ステップ

s4-2.png
S4-3.png

商品とキャストのファン層の相性をNLPにより数値化

​ご利用の流れ

資料請求・

​お問合せ

お打ち合わせ・

​課題ヒアリング

スケジュール​・

ご支援範囲決定・

お見積もり

サービス提供開始

​お問合せ

​本ソリューションについて詳細が知りたい方は、下記よりお問合せください。