携帯

NFTのエンタメビジネスにおける可能性について解説します

キーワードは

"非代替性"、"2次流通におけるマネタイズ"

 

エンターテインメント業界において「NFT」というワードが非常に注目を浴びています。

今回の記事では、エンタメIPを巡るビジネスに大きな変革をもたらす「NFT」に解説します。

解説8-1.png

​NFTのエンタメビジネスにおける可能性 ①非代替性

NFTはNon-Fungible Tokenの略であり、日本語では「非代替性トークン」と訳されます。

NFTの特徴は、「非代替性」という言葉が表すとおり、ブロックチェーン(分散型台帳)の技術を使用することでアートやキャラクターなどデジタル資産について、作者や所有者の情報を保証することができるということです。

NFTによって、アーティストやIPの所有者は、デジタル今年つが「唯一無二の本物である(つまり非代替的なものである)」と証明することができるようになります。

デジタルコンテンツを、改ざんやコピーというリスクを回避しながら、「本物」と証明することでその希少性を確保しながら販売することのできるNFTは、アーティストやIP保有者にとって新たなビジネスチャンスとして注目されています。

​NFTのエンタメビジネスにおける可能性 ②2次流通におけるマネタイズ

また、別のNFTの特徴としては、取引履歴を補足することができ、2次売買以降もクリエイターたちに対して売買代金の一部を利益として還元することが可能になるという点も重要なポイントです。

今までは、クリエイターやIP保有者はプライマリーマーケットでデジタルコンテンツを販売することはできても、その後のセカンダリーマーケットで売買によって利益を享受することができるのは転売者のみであり、クリエイターが利益を享受することができませんでした。

しかし、NFTのデジタル資産では、2次売買以降の取引については価格の一部を、クリエイターに対して支払うという設計が可能であり、NFTのこの特徴はクリエイターやIP保有者のマネタイズの機会の幅を広げるというメリットをもたらすことになります。

クリエイターとしては1次流通だけではなく、2次流通も意識した商品設計、プロモーション、流通の仕組みづくりが必要となります。

 

エンタメIP保有者は、過去のNFTがどのように売買されているかのヒストリカルデータと、自分達の保有するIPの特性を十分に理解した上で、NFTにより自社の保有するIPの価値を最大化するような最適な販売戦略を立案することが重要になります。